素敵な笑顔は口元から

素敵な笑顔は口元から

2017.01.05更新

こんにちは。
大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

前回のブログ記事でお伝えした通り、今日からは審美歯科についてご紹介していきます。
まず、今回は「補綴修復治療」についてお話ししようと思います。

「補綴修復治療」と言われても、ほとんどの方が「?」だと思います。
なにしろ、読み方が分からないという方が多いのではないでしょうか。これは「ほてつしゅうふくちりょう」と読み、詰め物や被せ物を使った治療のことを指します。
すごく簡単に言ってしまうと、虫歯治療で削った歯の穴を銀歯で埋める、あの作業のことです。

この代表格である銀歯は健康保険が適用されますから、コスト的に安く抑えることができます。ただし、明らかに歯の色とは違う素材ですから、中には目立ってしまってイヤだな、と感じる患者さんもいらっしゃいます。

実は、被せ物や詰め物というのは、自費診療を含めればかなりの種類があります。
見た目が本物の歯とそっくりなもの、人体との親和性が高く体に優しいもの、アレルギーと無縁なものなどなど、お金はかかってしまいますが、選択肢は豊富です。

というわけで、次回のブログで補綴修復治療に使われる、さまざまな被せ物・詰め物の一部を、それぞれのメリットやデメリットともにご紹介していこうと思います。

投稿者: にしだ歯科クリニック

  • 各種料金表はこちら
  • 当院のFacebookページはこちら
PageTop