素敵な笑顔は口元から

素敵な笑顔は口元から

2017.01.12更新

こんにちは。
大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

前回に引き続き、「補綴修復治療(ほてつしゅうふくちりょう)」に使われる被せ物・詰め物についてお話ししていきます。

被せ物・詰め物として最も一般的な銀歯は、正確には金銀パラジウム合金と呼ばれます。
保険適用なので安くすむというのが最大のメリットです。ただし、目立ってしまいますし、金属アレルギーを持っている方はその点でも注意が必要です。

実は、自費診療を選択すれば銀歯のデメリットを克服した、さまざまな素材を使った被せ物・詰め物をご使用いただけます(金属アレルギーについては次回に触れます)。今日は、その一部をご紹介しようと思います。

例えば、オールセラミックス。
その名前の通り、すべて陶材(セラミック)で作られたもので、この素材の最大の特徴はその美しさです。本物の歯に近い美しさがあり、変色することもありません。
ただし、陶材ですので比較的割れやすいという弱点もあります。

その弱点を補っているのが、ジルコニアやe-maxと呼ばれるものです。
これらは審美性の高さや変色しないという長所はそのままに、壊れにくさも兼ね備えています。しかしその分、値段が高額になってしまうというデメリットもあります。

実際には、これら以外にもさまざまな種類の被せ物や詰め物が存在します。
もちろん銀歯を使って安く抑えるのも悪いことではありません。ただ、選択肢はたくさんあるんですよ、ということを知ってもらえればと思います。

投稿者: にしだ歯科クリニック

  • 各種料金表はこちら
  • 当院のFacebookページはこちら
PageTop