素敵な笑顔は口元から

素敵な笑顔は口元から

2016.08.29更新

こんにちは。

大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

前回に続いて、今日も矯正治療についてのご説明を続けていきます。
今日は矯正治療のひとつであるマウスピース矯正をご紹介しますので、前回お話ししたワイヤー矯正と比較してみてください。

マウスピース矯正は、名前の通りマウスピースを使った矯正治療で、比較的新しい方法です。当院ではアソアライナーというマウスピースを採用しています(詳細は次回)。
このマウスピースというのは透明な素材でできていますので、装着していてもワイヤー装置のように目立つことがありません。これが最大のメリットでしょう。接客や営業のお仕事をしている人でも、安心して治療に取り組むことができます。
また、取り外しができますから、清潔さを保つことも簡単です。

とは言え、マウスピース矯正も万能ではなく、デメリットも持っています。
それは、歯を動かせる範囲がワイヤー矯正に比べて限定されるということです。そのため、歯並びの状態によってはマウスピース矯正が選べないケースも存在します。

というわけで、ざっとではありますが、2種類の矯正治療をご紹介しました。
どちらを選ぶかは患者さんそれぞれの状態や環境、お考えによると思いますので、分からないことがあれば医師や衛生士まで相談してください。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.08.26更新

こんにちは!和泉市で歯周病予防にも力を入れているにしだ歯科クリニックです。

 

最近はテレビでもよく、「歯周病」という言葉が使われるようになり、歯周病についてご存知の方も増えてきました。

歯を失う原因の多くは、歯周病が原因です。

日本人は、歯に対しての意識が世界に比べると低く、80%の日本人が歯周病に既になってしまっていると言われています。

歯周病は、初期の頃にご自身で気づくのは難しいものです。

歯磨きの際に歯茎から出血がある、歯ぐきが腫れている等、わずかな変化のみです。

そのうちに口臭がしてきたり、歯ぐきがぶよぶよしてきたり等、歯科医院に来たときにはすでに手遅れ…という方もいらっしゃるくらいです。

 

歯周病からご自身の歯を守るためには、

・毎日のブラッシング

・フロスや歯間ブラシの使用

・3ヶ月に1度の定期健診 ※口腔内の状態によって1ヶ月に1度だったり、半年に1度だったりします。

 

が必要です。

歯周病は赤ちゃんやパートナーにも移ってしまうものです。

妊娠中の方は早産の可能性もあると言われています。

 

しっかりケアして、口腔内を綺麗に保ちましょう。

歯周病のケア・予防なら、和泉市の歯医者、にしだ歯科クリニックまで。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.08.24更新

おはようございます!和泉市の歯医者・歯科、にしだ歯科クリニックです。

 

当院では、ヒアルロン酸注入を行っております。詳しくはこちら→

最近はリップエステなどでも知られてきましたが、

唇をふっくらさせたい方、ほうれい線が気になる方におすすめしております。

 

ヒアルロン酸注入が歯医者さんでできると思わなかった!というお声を頂くこともあります。

歯医者さんで行えるのは、歯の治療のみと思われている方がまだまだいらっしゃいますが、

実は、歯科医院では、歯以外にも歯ぐきや口周り、口臭なども対応できるのです。

 

口周りを整えるだけでも、人への印象はかなり変わります。

自信が出るので、笑顔もより素敵に輝きます。

 

お口周りのアンチエイジングをお考えの方は、是非ご相談ください。

ただし、ヒアルロン酸のみの施術は基本的に行っておりませんので、

定期健診の時などに御相談くださいね。

 

和泉市でアンチエイジングなら、信太山駅近くの当院までお越しください。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.08.23更新

こんにちは!和泉市の歯医者・矯正歯科のにしだ歯科クリニックです。

 

聞きなれない言葉かもしれませんが、「根管治療」をご存知ですか?

むし歯が進んでしまった場合に、歯の神経を綺麗に掃除するのが根管治療です。

昔は、むし歯で歯髄が死んでしまった場合、抜歯しか方法はありませんでした。

今は、根管治療を行うことによって歯の神経を取ったあとも、歯を残すことができるようになりました。

 

根管治療は1、2回の治療で済むと思われている方もいますが、

4~6回程度の通院が必要な治療です。

治療途中で通院をやめてしまうと、どんどん悪くなる一方なので、しっかり治療が終わるまで通院しましょう。

治療途中で不安に思ったこと等があれば、お気軽にお尋ねください。

 

歯がしみる、何もしなくても痛い、等の症状がある方は、和泉市の当院までお問合せください。

 

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.08.22更新

こんばんは!和泉市の歯医者、にしだ歯科クリニックです。

 

みなさんは、もう親知らずは抜歯しましたか?

御来院される方の中には、長期休み(お正月・お盆など)の最中に痛くなってしまって大変な思いをされた方もいるようです。

また、「以前痛くなったことがあったが、放置していたら収まった」という方も要注意です。

また再発する可能性があるからです。

 

親知らずは、斜めに生えている事が多く、まっすぐ他の歯の邪魔にならないように生えている症例の方が少ないです。

隣の歯に影響がある親知らずとは、「うまく清掃できないようになっている」「歯並びに影響が出ている」などのことを言います。

 

ただ、むやみやたらに抜いた方がいいというわけではなく、

将来歯牙移植ができる場合もあるので、かかりつけ医の歯医者さんにしっかりと相談してください。

 

もちろん、和泉市で親知らずを抜こうか迷っている方や、親知らずでお口のトラブルがある方は、にしだ歯科クリニックへお越しください☆

皆様のご来院、お待ちしております。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.08.22更新

こんにちは。
大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

前回のブログ記事でもお伝えした通り、今回からは歯列矯正治療についてお話ししていこうと思います。
当院での矯正治療を大きく分けると、使う装置によって2種類のものがあります。今日ご紹介するのは、ワイヤーを使った矯正治療です。

ワイヤー矯正のメリットとして挙げられるのは、次回以降にご紹介するマウスピース矯正に比べて、短期間で成果を上げることができる点です。また、歯を大きく動かすことも、細かく動かすこともでき、適用できる歯並びが多いのも特徴です。

弱点としては、装置が目立ってしまうため審美性に劣るという点でしょう。
ただ、最近では従来の銀色のものだけでなく、セラミックを使った比較的目立たないものもあります。
もうひとつのデメリットは、お掃除がしにくい点です。
装置が固定されていますので、歯磨きをする際にも邪魔になってしまい、装置そのもにも汚れが残りやすくなってしまいます。

このように、ワイヤー矯正にはメリットもデメリットもあります。
これは、次回にご説明するマウスピース矯正にも同じことが言えますので、そちらも読んでいただいた上で考えてみてください。もちろん、ご不明な点は当院でご相談ください。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.08.19更新

こんにちは!和泉市の歯医者・矯正歯科のにしだ歯科クリニックです。

今日は、インプラントについてお話をしたいと思います。

 

インプラントとは、人口の歯根を歯ぐきに埋め込み、その上に被せ物をして、天然歯のように噛めるようにする治療です。

インプラントには外科的な手術が必要なため、不安を覚えられる方もいらっしゃいます。

 

当院は、そういった不安を解消して頂き、安心して治療を受けて頂けるように、

CTを院内で完備し、滅菌にも力を入れております。

また、インプラントのみではなく、他の治療も一貫して診療することができるので、

患者様の将来を見据えて総合的に口腔内を診断することが可能です。

 

また、入れ歯かインプラントか悩んでいる、という方に、無理にインプラント治療を勧めるようなことはしておりません。

入れ歯でも、審美的に綺麗に見せるノンクラスプデンチャーや、食事を美味しく食べれる金属床義歯など、進化しているため、

それぞれのメリット・デメリットをお伝えし、費用なども含めて、患者様にご納得頂いてから治療を進めていきます。

 

やるかどうかも決まってないし、どうしよう…と悩んでいるだけでは、いつまでも解決の道は拓けません。

まずは定期健診を兼ねて、お気軽にご相談頂き、知識をつけて頂いてからお決め頂くのでも良いと思います。

 

不安な点や、こんなこと聞いてもいいのかな、と思うことでも、なんでも聞いてくださいね。

精一杯お応えさせて頂きます。

和泉市でインプラントをお考えなら、当院までご来院ください。

 

 

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.08.17更新

こんにちは。和泉市の歯医者、にしだ歯科クリニックです。

皆様は、妊娠中の歯科予防を行っていますか?

今日は、妊娠前、妊娠中、出産後のケアについてお伝えしたいと思います。

 

☆妊娠前☆

親知らずが痛んだことがある方は、歯科医師に相談して抜歯するかどうか検討しましょう。

痛んだり腫れたりしたことが無くても、斜めに生えていて他の歯に影響がある場合は抜歯をおすすめすることがあります。

 

☆妊娠中☆

歯周病予防を継続して続けましょう。

妊婦が歯周病の場合、早産の可能性があると言われています。

また、パートナーの口腔内も清潔に保つように心がけましょう。

 

☆出産後☆

継続してむし歯・歯周病の予防に励みましょう。

赤ちゃんへのお箸の使い回しは避けましょう。

産まれたばかりのあかちゃんの口腔内には、むし歯菌、歯周病菌がいません。

大抵、親の菌がこどもの口腔内に入り込むことで感染してしまいます。

 

今回はざっとお伝えしましたが、その他にもお伝えしたいことが本当はたくさんあります。

和泉市で妊娠・出産をされている方、妊娠を希望されている方は、

早めから口腔内も綺麗に保ちましょう。

 

もちろん、妊娠や出産を控えていない方にも上記のケアはとても重要です。

マタニティ歯科ならご相談ください。

 

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.08.15更新

こんにちは。
大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

みなさんは、歯列矯正治療についてどんなイメージを持っているでしょう?
「器具が目立って恥ずかしい」、「痛そう」、「大人になったら手遅れ」などなど、きれいな歯並びには憧れつつも、マイナスの部分も大きそうと考える方が多いかもしれません。

でも、矯正治療を取り巻く環境も、一昔前とはずいぶん変化してきています。
例えば、矯正器具として知られるワイヤーを使った装置も、現在ではセラミックを用いた目立ちにくいものも登場しています。
また、痛みも少なく、器具も目立たない透明なマウスピースを使った方法もあります。

大人になってからの矯正も、無理な治療ではありません。
確かに成長途上のお子さんの歯に比べると、歯を動かすのに時間はかかります。個人差はありますが、大人の場合、矯正装置を付ける期間は1年半から2年半くらいが目安でしょう。
それでも、歯列矯正に取り組んでいる大人の患者さんもたくさんいらっしゃいます。

虫歯治療などに比べると時間がかかりますので、患者さんとわれわれのお付き合いも長くなります。その分、信頼関係を築くことがなにより大切です。
その第一歩として治療の内容をしっかりとご説明しますが、このブログでも次回から数回に分けて矯正治療についてご紹介していこうと思います。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.08.10更新

こんにちは!和泉市の歯医者、にしだ歯科クリニックです。

みなさんは、歯を失った後のことを考えたことはありますか?

歯を失ったあと、下記4つの選択肢があります。

 

1、インプラント埋入

2、入れ歯

3、ブリッジ

4、放置する

 

まず、4の放置するというのはあり得ません。他の歯が動いてしまい、咬み合わせなどにも影響してくるからです。

ブリッジは、噛む力は強いのですが、抜けた歯の両隣の歯を削らなければいけない治療です。

インプラントはとても優れた治療ですが、骨の量が少なかったらできなかったり、外科手術が必要なため、入れ歯を選択することがあります。

 

一言で入れ歯というと、金具が見えるのではないか、入れ歯を入れていることが周りの人に知られるのではないか、と不安の声も頂きます。

そこで、今回ご紹介するのはノンクラスプデンチャーです。

部分入れ歯の方のみですが、金具を使用していない入れ歯のため、見た目が綺麗です!

フィット感も良いため、かなりご好評です。

 

最近では、口コミでも広がっており、ノンクラスプデンチャーの評判を聞きつけて来院される方もいらっしゃいます。

料金などについては、症例にもよりますので、お気軽にご相談ください。

 

入れ歯・義歯なら、和泉市の歯医者、にしだ歯科クリニックへお越しください。

投稿者: にしだ歯科クリニック

前へ
  • 各種料金表はこちら
  • 当院のFacebookページはこちら
PageTop