素敵な笑顔は口元から

素敵な笑顔は口元から

2016.10.24更新

こんにちは!和泉市の歯医者、にしだ歯科クリニックです。

むし歯になった際に、歯を抜かないといけなくなる…とお思いの方がいらっしゃいます。

もちろん、抜かなければどうしようもない場合もありますが、

最近では歯科治療も進み、抜かなくても済む治療があります。

それが、「根管治療」です。

 

歯を削り、神経を洗浄する治療です。神経は抜かなければいけませんが、歯を残していくことができる治療です。

治療には5回~6回かかる場合もあります。痛くなくなったからと、途中で治療を放棄してしまうと、余計悪化するので、それだけはやめましょう。

 

さて、神経を抜いた歯に関しては、時間が経っていくと色の変化が見られる場合があります。

その場合は、通常のホワイトニングでは白くなりません。

どうしても神経を抜いた歯の色が気になる方は、院長までご相談くださいね。

 

根管治療をお考えの方は、和泉市の当院までお越しください。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.10.18更新

こんにちは!和泉市の歯医者、にしだ歯科クリニックです。

みなさんは、歯の黄ばみが気になったことはありませんか?

笑った時に、歯が白い方って、印象が明るくなりますよね。

当院でも、ホワイトニングを希望される患者様はたくさんいらっしゃいます。

 

ホワイトニングを希望される方は、下記のお悩みの方が多いです。

・タバコによる黄ばみ

・お茶やコーヒーによる色つき

・加齢による黄ばみ

 

当院では、オフィスホワイトニングを行っております。

歯科医院に来るだけなので、お手軽にホワイトニングを受けられます。

白すぎて見た目がおかしくなるんじゃないか…という不安がある方もご安心ください。

しっかりどの位白くするかカウンセリングした後に行いますので、自然な白さにもできます。

 

【料金】

上または下のみ…15,000円

上下両方…30,000円

 

ホワイトニングをする前に、検診をして、むし歯や歯周病ではないかチェックしてから行います。

むし歯が見つかった際は、治療を先に行わせて頂くこともございます。

 

ホワイトニングをお考えの方は、是非ご来院ください。

 

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.10.17更新

おはようございます!和泉市の歯医者、にしだ歯科クリニックです。

 

みなさんは、自費診療をご存知ですか?

通常、歯科医院に行くと、保険適用され、通常の料金より安くなります。

自費診療とは、保険適用がなく、患者様に全額負担して頂くものです。

 

自費診療は、保険適用の診療に比べると、費用が高くなりますが、

保険適用の材料では限界があるため、もちろん保険適用のものよりも優れた材料を使っております。

 

例えば、保険適用の入れ歯と自費診療の入れ歯だと、下記のような違いがあります。

保険適用…プラスチック素材なので、熱を感じにくい。金具を使う場合は、口を開けた時に見えてしまうことがある。

金属床義歯(自費)…熱を感じやすいため、食事が美味しく食べれる。

ノンクラスプデンチャー…金具を使わないため、入れ歯であることがわかりにくい。

 

もちろん、保険適用で満足されている方は、保険適用のものでも問題ないかと思います。

ただ、保険適用のものでご満足いただけていない方は、是非ご相談ください。

和泉市でより良い治療をお考えの方は、にしだ歯科クリニックまで。

 

 

 

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.10.07更新

こんにちは。
大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

前回に続いて、今日も矯正治療についてのご説明を続けていきます。
今日は矯正治療のひとつであるマウスピース矯正をご紹介しますので、前回お話ししたワイヤー矯正と比較してみてください。

マウスピース矯正は、名前の通りマウスピースを使った矯正治療で、比較的新しい方法です。当院ではアソアライナーというマウスピースを採用しています(詳細は次回)。
このマウスピースというのは透明な素材でできていますので、装着していてもワイヤー装置のように目立つことがありません。これが最大のメリットでしょう。接客や営業のお仕事をしている人でも、安心して治療に取り組むことができます。
また、取り外しができますから、清潔さを保つことも簡単です。

とは言え、マウスピース矯正も万能ではなく、デメリットも持っています。
それは、歯を動かせる範囲がワイヤー矯正に比べて限定されるということです。そのため、歯並びの状態によってはマウスピース矯正が選べないケースも存在します。

というわけで、ざっとではありますが、2種類の矯正治療をご紹介しました。
どちらを選ぶかは患者さんそれぞれの状態や環境、お考えによると思いますので、分からないことがあれば医師や衛生士まで相談してください。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.10.06更新

こんにちは。
大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

前回のブログ記事でもお伝えした通り、今回からは歯列矯正治療についてお話ししていこうと思います。
当院での矯正治療を大きく分けると、使う装置によって2種類のものがあります。今日ご紹介するのは、ワイヤーを使った矯正治療です。

ワイヤー矯正のメリットとして挙げられるのは、次回以降にご紹介するマウスピース矯正に比べて、短期間で成果を上げることができる点です。また、歯を大きく動かすことも、細かく動かすこともでき、適用できる歯並びが多いのも特徴です。

弱点としては、装置が目立ってしまうため審美性に劣るという点でしょう。
ただ、最近では従来の銀色のものだけでなく、セラミックを使った比較的目立たないものもあります。
もうひとつのデメリットは、お掃除がしにくい点です。
装置が固定されていますので、歯磨きをする際にも邪魔になってしまい、装置そのもにも汚れが残りやすくなってしまいます。

このように、ワイヤー矯正にはメリットもデメリットもあります。
これは、次回にご説明するマウスピース矯正にも同じことが言えますので、そちらも読んでいただいた上で考えてみてください。もちろん、ご不明な点は当院でご相談ください。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.10.05更新

こんにちは。
大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

みなさんは、歯列矯正治療についてどんなイメージを持っているでしょう?
「器具が目立って恥ずかしい」、「痛そう」、「大人になったら手遅れ」などなど、きれいな歯並びには憧れつつも、マイナスの部分も大きそうと考える方が多いかもしれません。

でも、矯正治療を取り巻く環境も、一昔前とはずいぶん変化してきています。
例えば、矯正器具として知られるワイヤーを使った装置も、現在ではセラミックを用いた目立ちにくいものも登場しています。
また、痛みも少なく、器具も目立たない透明なマウスピースを使った方法もあります。

大人になってからの矯正も、無理な治療ではありません。
確かに成長途上のお子さんの歯に比べると、歯を動かすのに時間はかかります。個人差はありますが、大人の場合、矯正装置を付ける期間は1年半から2年半くらいが目安でしょう。
それでも、歯列矯正に取り組んでいる大人の患者さんもたくさんいらっしゃいます。

虫歯治療などに比べると時間がかかりますので、患者さんとわれわれのお付き合いも長くなります。その分、信頼関係を築くことがなにより大切です。
その第一歩として治療の内容をしっかりとご説明しますが、このブログでも次回から数回に分けて矯正治療についてご紹介していこうと思います。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.10.04更新

こんにちは。
大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

多くの方は「歯医者は歯の治療を行うところ」とお考えだと思います。
もちろんそれは間違いではありません。虫歯であれ歯周病であれ、あるいはほかのトラブルにせよ、ほとんどの患者さんが問題を抱えて来院されますので、われわれはその治療に当たります。

でも、当院では「治療」以上に「予防」を大切にしたい、と考えています。
虫歯ができる前に、歯周病にかかってしまう前に、歯科医院に来ていただいて、未然にトラブルの発生を防ごうというわけです。
この考えを患者さんにもご理解していただき、気になることは早めに歯科医師や衛生士に相談していただきたいのです。

そのため、当院の治療室はすべて個室になっています。
こうすることで、患者さん一人ひとりと向き合えますし、患者さんの方も周りの目を気にせずに悩みを打ち明けていただけます。

「予防」の意識を高めるには、まず患者さんにその気になってもらわなければなりません。
そうするためにはどうすればいいか、と考えた結果のひとつが当院の個室治療室なのです。
プライバシーにも配慮した当院にいらした際は、どんなことでもお気軽にご相談いただければと思います。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.10.03更新

こんにちは。
大阪府和泉市にある「にしだ歯科クリニック」院長の西田耕介です。

当院があるのは大阪の和泉市で、JRの信太山駅から歩いて5分ほどのところです。
実は、この街は私が生まれ育った土地でもあります。ですから、私にとっては、この場所で開業したことはある意味で必然でした。まだ開業から3年と少しといったところですが、地域のみなさんのお役に立てていることに、大きな喜びを感じています。

初めて当院にいらした患者さんの中には、私を見て驚く方もいらっしゃいます。「院長」というにはずいぶん若く見えるようです。
私は歯科医師免許を取得してから5年で開業をしました。確かに、タイミングとしては早い方だと思います。
ただ、同じく歯科医師をしていた叔父は、開業当時の私よりも若くして自分の医院を開いたそうです。そんな話を子どものころから聞いていましたから、開業することに迷いはありませんでした。
それも、自分の慣れ親しんだ地元に医院を構えたのですから、充実した日々を送れています。

そんな日々の中で、歯科医療の可能性を多々感じています。
患者さんの悩みを解消するために、的確な診断と最適な治療法、そして笑顔と元気も忘れることなく、邁進していきたいと思っています。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.09.30更新

おはようございます!和泉市の歯医者・矯正歯科のにしだ歯科クリニックです。

 

毎日の歯みがき、みなさんは食事の前に行っていますか?それとも食事の後?

では、どちらの方がいいのでしょうか。

正解は食事の後です。それも、食後にできるだけ早く行った方がいいのです。

 

食事の後は。数分でお口の中は酸性になり、歯の表面の成分が溶け始めます。

できれば、間食はやめて、(糖分が入った飲み物もNGです。)3回の食事だけにして頂き、

食事の後はすぐに歯磨きをして頂くのがベストです。

また、初期のむし歯の場合、キシリトールガム(歯科医院で販売しています。)を噛むと、

それだけで治ることがあります。予防にもなりますので、是非お買い求めください。

 

歯ブラシは、歯の表面を磨くのではなく、斜め45度に傾けて、細かく磨いてみましょう。

歯周ポケットの汚れを落とすのが目的です。

当院に御来院頂ければ、ブラッシング指導も行っておりますので、お気軽にお声かけくださいね。

むし歯の予防なら、和泉市の当院まで。

投稿者: にしだ歯科クリニック

2016.09.29更新

おはようございます!和泉市の歯医者、矯正歯科のにしだ歯科クリニックです。

 

みなさんのお口の中には、銀歯が入っていますか?

一度むし歯になってしまった方には、銀歯が入っていることが多いですね。

上顎の奥歯なら見えにくい部分になりますが、たとえば犬歯の辺りや、下顎であれば、笑った時や喋る時に見えてしまうことがありますね。

 

昔は、保険適用では、銀歯を入れるほかなかったのですが、最近では、保険適用の白い被せ物(CADCAM冠)もあります。

色が調整しにくいので、前歯等にはおすすめできませんが、自費のものよりははるかに安い価格でご提供ができます。

 

前歯等であれば、やはり見た目重視になるため、オールセラミックスをお薦めさせて頂きます。

 

歯や銀歯が白くなると、笑った時の表情に大きく変化が出ます。

自信をもって笑いたい、今よりも第一印象を良くしたい、という方はもちろん、結婚式や就職を控えている方、営業や接客業で人前に出ることが多い方にはおすすめしたい治療です。

詰め物や被せ物をセラミックにすると、金属アレルギーの心配もないので、身体にもやさしい治療法です。

低価格で詰め物・被せ物をお考えの方は、和泉市の当院までお越しください。

投稿者: にしだ歯科クリニック

前へ 前へ
  • 各種料金表はこちら
  • 当院のFacebookページはこちら
PageTop