インプラント・入れ歯・ブリッジ

安心して「美味しいもの」を食べられる環境をご提案します

むし歯や歯周病が原因で歯が抜けてしまい、好きなものがあまり食べられない。
また、せっかく入れ歯を入れたのに、どうしても以前のようには味が感じられないと悩んでいる人も多いでしょう。
以前のように美味しいものを思う存分味わってもらうために、和泉市、信太山にある当クリニックでは口腔内の状況を見て最適なインプラントや入れ歯・ブリッジをご提案させて頂きます。

インプラント

にしだ歯科クリニックのインプラント治療は、「安全、安心」をモットーにしております。

インプラント治療は「根」を作り、顎の骨にしっかり固定されますので、天然歯との違いがわからない程しっかり噛む事ができるのがポイントです。ただし、インプラント治療では外科手術が必要で、身体への負担もあり、不安を感じている患者様も多いと思います。

和泉市、信太山にある当クリニックのインプラント治療で一番意識しているのは、院内感染対策の徹底です。クリニック内では至るところで滅菌処置を施し、治療器具はもちろん全て滅菌パック。使う手袋も全ての治療で新しいものを使用するようにと徹底して指導しております。どうか安心して、治療を受けて頂ければと思います。

にしだ歯科クリニックのインプラント治療は、CTを使用する事で、レントゲンでは撮影できない歯の形状、影などもしっかり確認する事が可能です。
ただ、どんなにインプラント治療をご希望されても、インプラントを支える骨量が少なければ、残念ながらこの治療はお断りしております。それだけ、インプラントは長期に渡って患者様に使って頂けるものであり、身体の一部として使用できる方法なのです。

インプラントのメリット

  • 見た目に違和感がない。
  • 天然歯と同じように食べる事ができる。
  • 健康な歯を削らなくていい。

インプラントのデメリット

  • 骨量が少ないと治療できない。
  • 外科手術を伴うので、患者様の負担が大きい。
  • 不可逆処置なので方針の変更ができない。

※これらの効果には個人差があります。

骨再生療法とは

インプラント治療では今まで顎の骨が足りないと、人工歯根の埋め込みができませんでしたが、骨の再生治療により顎の骨を再生させることが可能となりました。 歯周病などによってなくなった骨の再生・手術や抜歯後の骨の再生や歯肉の短期間治療にも有効的です。

当クリニックでは骨再生療法を希望されるかたにはGBR法で治療しております。

 

 

GBR法

GBR法とはインプラント治療を行うにあたって、インプラントの歯をより安定させるために、歯槽骨と言われる骨を増やす治療です。
GBR法には2つの術式があり、インプラント治療の前に行う場合と、インプラント治療と同時に行う場合があります。必要な場合とそうでない場合がありますので、にしだ歯科クリニックでは歯と骨の状態を診た上でご提案します。

インプラント治療の流れ

カウンセリング

お悩みやご要望をお聞かせ頂き、費用や治療期間等をしっかり丁寧にヒアリングします。まずは、お電話でインプラントの相談のご予約をお願いします。

診断

CTなどを使った検査結果をもとに、一人ひとりの患者様に最適なインプラント治療のご提案をさせて頂きます。患者様にご納得頂けるまで、しっかり治療内容をご説明させて頂きます。

治療計画

数ある治療の選択肢の中から、患者様と一緒に治療計画を立てていきます。お互いが望む着地点を明確にする事が重要です。

クリーニング

実際に手術に入る前に、メンテナンスとクリーニングを重ねて、できるだけ口腔内の細菌を減らします。健康な状態で手術に挑みましょう。

手術

当日は、しっかり手術に集中できる環境を整えておりますのでご安心ください。

メンテナンス

インプラント治療で大切なのはメンテナンスです。3ヶ月に一度はご来院頂く事をお勧めしております。

入れ歯

入れ歯は、保険適用の範囲内で治療ができるので人気がありますが、その素材の種類や特徴によって、患者様の満足度も大きく変わります。入れ歯はお手入れも必要で、毎日一緒に過ごしていかないといけない存在でもあるので、素材選びや治療方法の選択が重要になってくるでしょう。

和泉市、信太山にある当クリニックでは、特に初めて入れ歯を使用される方に関しては、できるだけ保険適用の範囲内で使用できる入れ歯の作成を推奨しております。まずは入れ歯というものに慣れて頂きながら、どうすれば患者様が安心して過ごせる環境を作れるのかを考えたいからです。

入れ歯の種類

保険の入れ歯 治療費を抑えられる。
コバルトクロム 自由に設計ができる。
チタン床 軽いが治療費がかかる。
磁性アタッチメント 磁石を使うため、安定感がある。
ノンクラスプデンチャー 金属のバネを使わないので、審美性に優れている。

ゴールド 熱伝導に優れているので、食事を美味しくとることができる。

自費素材のメリット

  • 自由に設計できる素材
  • 異物感が減少される
  • 食事の際に、噛んでいる感覚や熱を感じる事ができる。

自費素材のデメリット

  • 治療費が高くなる。 

入れ歯は、歯が抜けたり、歯周病が進行して歯茎が痩せてくると、使える素材や治療法の幅も狭くなってしまいます。また、素材も大事ですが、入れ歯は設計の仕方や型取りのテクニックで吸着力がかなり変わりますので、任せられる歯科医師を探すのも最適な入れ歯を手に入れるポイントです。

ブリッジ 

両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復させます。

ブリッジのメリット

  • 見た目の違和感がない。
  • 安心してものを噛むことができる。

ブリッジのデメリット

  • 健康な歯を削る必要がある。
  • 繋ぐ健康な歯が必要になる。

※これらの効果には個人差があります。

  • 各種料金表はこちら
  • 当院のFacebookページはこちら
PageTop